コピー ~ 200705231821091
泣けた話 | といめ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

空襲

2夜連続で、東京大空襲のドラマがやりますね~。
私もお婆ちゃんから、話を聞いたことがあったので、これを見るのは悲しいです。

前にも記事に書いたかなぁ・・・??(ボケてる・・・)
昔、「あなたの知らない世界」という、番組がやってたのを知ってますか~??


半年くらい前、実家へ帰った時の話なんですけど・・・
私は新聞や広告を見るのが好きで、実家へ帰ったときに、ゴロゴロしながら
広告を見てました。

するとその「あなたの知らない世界」という番組の、映りの悪~~~いビデオが
ついてたんです。
「何これ~!変えてもいい??」なんて私が言ったら、お婆ちゃんが

0803170024.jpg


と・・・。
その番組にお婆ちゃんの弟が、不思議な体験をして、それを投稿して
おばあちゃんも含んだ家族写真とかが、テレビに出てました。


お婆ちゃんの弟が、戦争へ行くお兄さんとの別れ際に、

0803170043.jpg


と、お兄ちゃんが沢山の兵士と一緒に写した、1枚の写真をくれたらしいんです。
それをずっと大事に持ってたけど・・・
お兄ちゃんは亡くなってしまって・・・
弟はその写真を見る度に、お兄さんに会いたくて・・・。

0803170042.jpg




戦争が終ってから、もう年も取った頃・・・
仕事か何かの用事で、九州へ行くことになって。
山道を歩いてたら、細い1本の道を見つけて、その道がなんとなく気になったそうです。
なので1時間くらい歩いて、その道を進んでいったそうです。
するとたどり着いた木に囲まれた広場・・・

そこはお兄ちゃんがくれた集合写真の場所だったんですって。

0803170025.jpg



弟さんは、あまりの偶然に涙がでたって言ってました。
そんな不思議体験?をテレビで紹介されてました。
お兄さんが連れてきてくれたのかも・・・?って言う・・・


お婆ちゃんから、戦争時代の話を聞いたことがなくて
このテレビでお婆ちゃんの家とかも、全部燃えてなくなってしまったのを知りました。
テレビの解説者が語るお婆ちゃんの家族の話を、ぽかーんと聞いてました。。。

その後、初めて空襲の話をお婆ちゃんに色々聞きました。
家が燃えて、家族で3ヶ月くらい野宿をしてたとか
お風呂も入れなくて、シャンプーはうどんの汁で、頭を洗ってたとか。
この辺の人は、みんな1つの旅館に逃げて、でも逃げるところ逃げるところに
空からは爆弾が降ってきて・・・

0803170023.jpg


なんて話を聞きました。
海に逃げたり、山に逃げたり・・・



余談ですが、戦争も終ってだいぶ経ち平和になったとき、
今の私のお母さんを海へ連れて行ったら、初めて海を見た母は、

0803170022.jpg


と、言ったそうです。
私はそれを聞いて、

0803170021.jpg


と、母を鼻で笑いました。



今は平和だにゃ~~~

200709182315062.jpg



ごめんなさい。
コメントが返せるか分からないので、閉じようと思ってて・・・なってなかったです。
コメントくれた方へ
次の更新の時に返信しますね~><
コメント、とっても感謝です。ありがとうございます♪♪



この記事はコメント受け付けてません。
読んでくれてありがとうございます。

スポンサーサイト

2008年03月17日 泣けた話 トラックバック(-) コメント(6)

友達と喧嘩

長いので暇な時読んでください~~♪


今の仕事に勤める前の仕事は、とっても大変な職場でした。
デパートやコンビニ、本屋も米軍基地の中のスーパーも、あちこち棚卸しをするバイトでした。
仕事中は常にパソコンが置いてあって、画面には常に成績が出てるんです。できた人からひたすらパソコンへ流していきます。

その日その日の、成績が一番からビリの人までずーーと出てます。

20070327210724.jpg



でも入った頃はそんな事も知らずにのんきにノロノロやっていました。でも気づいた時から下の方にいるのが恥ずかしくなって頑張るようになりました。


そんな時、新しく沢山の人が入ってきました。
その中にMちゃんがいました。
美人で人目引いていて、何よりMちゃんは人見知りでみんなと仲良くなるのがとても遅かったです。
私も「かわいい子が入ってきた~っ」て思って遠くから見たりしてました。
そしたら目が合って、ドキー!としたけど、にこってしてくれたので
「なんだぁ~見た目怖いけど、いい子だなぁ~」
って、思いました。



それから一緒に仕事をしていくうちに
「一緒にみんなとご飯食べない~?」と声をかけました~。
みんな若い子ばっかりだったので、10人くらいで仲がよくていつもみんなでいました。
男の子達も「美人だなぁ~」とは言ってたけど、なかなか話せずいました。でもMちゃんと話していくうちに
「以外に話しやすいんだね~」とみんなと打ち解けていきました。


そして一人の男の子から
「Mちゃんが好きなんだけど・・・取り持ってくれよ~~」
と、相談を受けて普段あまり電話しないMちゃんに、電話をかけて
「あの~S君が2人で遊ばないか~?って~」
みたく気軽に言いました。
「えぇ?なんで私とS君?仲良くもないから嫌だよ~」
なんて言われたけど、1度遊ぶことになってやがては2人付き合うようになりました。
2人から相談を受けるようになって、Mちゃんと仲良くなっていきました。


そしてみんなでもキャンプ行ったり飲みに行ったり、旅行いったりディズニーランド行ったり・・・





そんなこんなでバイトも相変わらずみんなで楽しくやっていました。
でもみんなで仕事を一緒に覚えていくうちに、みんな一緒に仕事が速くなって、成績も気にするようになりました。
上司も成績のいい人をよく使ったり、違う仕事を渡すようになったのでみんな仕事に夢中になっていきました。

入った頃は見なかった、成績が出てるパソコンの画面をみんな一時間おきくらいに見るようになりました。
(分単位で成績がどんどん変わるシステムです)



バッチの色も、優秀な順に色が変わっていきました。



頑張ってるうちに女の中では私とMちゃんが1位2位を争うようになりました。終わったら帰れる仕事なので、「今日も早く終わらそう!」と言って2人で頑張ったりしてました。



そんな中、Mちゃんが
「といめちゃんだけに話しがあるの」
と、言ってみんなでコンビニへ寄った時に、こっそり
「子供ができちゃった。」といいました。彼氏は同じバイトの仲間で大学生だったので、ちょっと心配そうにいってました。
でも「親に言う前にといめちゃんに話したんだよ~」
と、言ってくれて私も「おめでと~~!よかったね~」ってぴょんぴょん跳ねて一緒に喜びました。

20070327210704.jpg





子供はできたけど、バイトを少し頑張ってやっていたMちゃん。
2人で成績もどんどん上がっていきました。



でもパソコンでどっちかが1番なら、どっちかは2番。
いろいろあったのですが、だんだんMちゃんも仕事熱心になっていき、
常に1番じゃないとツンツンするようになっていきました。
きっとあの仕事じゃなきゃ、そういう子じゃないんですけど
仕事熱心の人にはとてもイライラする仕事だと思います。
みんな毎日成績見てイライラしてました。





そんな中みんなでいても、成績によって機嫌悪そうになってしまい
みんなが気を使って話しかけても、返事もしなくなっていきました。
私も話しかけても、頭で「うん」「ん~~ん」みたくしかしなくなってしまい、みんな段々話さなくなっていきました。

20070327210727.jpg




話さない中仕事もやって、私とMちゃんが日によって1番2番にいて。
一ヶ月の総成績も貼り出されるので、それも無言で話さずお互い見てました。


私も大人げなかったので、つんつんしてるMちゃんを見て

20070328184404.jpg


と、思っていました。




そして話さない日が続きました。



本当はみんなと元に戻りたいけど、後戻りできなくなっちゃったんじゃ・・・?とかも考えました。
みんなで「新商品のお菓子だって~~!」なんて言って食べてるときも
ガチャくんも気を使って

20070328184421.jpg


な~んて話かけたけど

200703281844212.jpg



と、首をちょっと振るくらいでした。


それでも仕事は相変わらずMちゃんは一生懸命頑張っていました。

20070328184420.jpg





でもある時ふと思ったんです。




(私何やってんだろう~・・・
こんな仕事、1番になったからってなんなんだろ~。
友達とも仲悪くなって、でも仕事もむきになってやって・・・。
ここにいいたら、きっとずっとこうして誰かと成績争ってイライラして、友達ともうまくいかなくなっちゃうんじゃないかな~。)
って。


(もう就職しよ~
今度は成績なんてなくて、人と争わない仕事・・)


と、考えました。
Mちゃんはみんなと話さなくなり、上司に頼んでみんなと違う場所の仕事だけをしてました。
なので同じ会社だけど会うこともなくなりました。



こうしてMちゃんと話さなくなったまま、私は仕事をやめました。



でも、同じバイト仲間が
「俺らはさ~。まぁ・・Mと仲はよかったけど、仲いいっていっても
といめほどじゃなかったからさぁ~
あいつ、といめの事
『地元の友達より気を使わない~っ』って言ってたからさ~」
と言ってきて胸がズキズキしました。
元に戻りたかったけど、きっかけもなくて・・・





それからMちゃんは携帯を変えたことを誰かから聞きました。
そして私は今の会社へ勤め、一人暮らしを始めて
Mちゃんは彼氏とアパートを借りておなかが大きくなるまで働いてバイトをやめたそうです。



も~いいや。って思ってたはずなのに、会わない2年間しょっちゅうMちゃんの夢を見ました。
仲直りする夢や、喧嘩してる夢。。。

あ~・・・私仲直りしたいんだな・・・って夢を見る度に思うようになりました。

20070327210726.jpg




あんなに腹が立っていたけど・・・
あんなに仲良かったのに。。。
って何度も悲しくなりました。



2年の月日が流れた時です。
仕事帰りにメールがなって・・・
「誰かな~」ってなにげなく見たら
「久しぶり・・・。
前のバイトで一緒だったMです。
あの時はごめんなさい。
といめちゃんの事大好きだったのに・・・。
もし、またあの時に戻れるなら返事ください。
Mより。」

と、Mちゃんからのメールだったんです。
びっくりしました。
信じられないというか・・・

20070327210725.jpg



涙がぽろぽろでて、メールじゃなくて話しがしたくて
「電話して~~!><」(番号わかんないので)
って、メールしました。
ちょっと時間が空いたけど、電話がきて懐かしい声で
「・・・もしもし・・・・?」
って聞えました。
「私はもしもしーーー!!
元気~~!!?嬉よ~ぉ。メールありがとう~!」
ってひたすらしゃべりました。

Mちゃんは
「あれ・・・?怒ってないの・・・?」
と、びっくりしてました。
それからは、今どこで何してるかとか会わなかった2年間の間にあった話を2時間くらい話しました。


その後はMちゃんの赤ちゃんも見に来ました~
会うときすっごく緊張して恥ずかしかったけど、今では元の通り仲良くなり温泉行ったり泊まりにいったりしてます~。
2人で今でも
「あのバイトじゃなかったら、喧嘩になんてならなかったよね~」
って、笑って話してます。


なので私はもう人と争う仕事にはつきたくなーいって思います~。


そして今週末はMちゃんと温泉に行ってきます♪


でも友達も恋人も喧嘩するほどやっぱり仲良くなれるような気がします~。



よかったらお願いします~。


2007年03月28日 泣けた話 トラックバック(0) コメント(31)

めっちゃ泣きました~~!

今日は忘れもしない日です~~。
私は昔から数学が大嫌いでした~。「面積を求めよ」とか、「時速何キロで...」みたいな問題なんて「はぁぁ~?誰だ。こんな問題作ったの・・・(怒)」って問題を作った人に腹が立っていたくらいでした。


なので数学なんていつも成績は2ばっかりでした~。
高校入ってもそれは変わりませんでした。
どうせ分からないので、授業中も手紙書いたりしてました。



あるとき、数学の先生が変わったんです。
すごく優しそうなおじいさん先生で私が手紙やってるのを見ても
「といめ~!手紙は問題といてから時間が余ったら書け~」
と、言うような先生でした。
当時私は席も前から2番目だったので、先生の目に入りやすくてよく話しかけられました。

20070320185918.jpg




数学のテストの時も私は50点満点中、8点とか取ってました(涙)
すると先生は
「分からない問題があっても、頭でやってみた計算式とか答えがでるまでの途中の過程を、なんでもいいから書いておきなさい~。
答えが違くても式や考えがちょっとでもあっていれば、三角をあげるから」
と、言ってくれました。
なので数学のテストは、答えがわからなくても、用紙にぎっしり色々書いて頑張るようになりました。


授業中に分からなくても、優しく教えに来てくれて段々私は先生が好きになり(恋愛じゃないですよ~!)数学を頑張ろうと思いました。
テスト前も「分からなかったら電話してきてもいいから。」
と、言ってくれて友達の家で勉強会をすると、いつも先生に電話して聞いていました。分からないと1日に3回とか交互にみんなでかけてました(迷惑きわまりない・・)
先生は「どうした~?といめ~。やる気になったのか~?」って笑ってました。





でもある朝に担任の先生が
「今O先生は体調をちょっと崩されて、入院しました。」
と、聞きました。
すぐに退院してくるだろうって気軽に考えてました。



それから1ヶ月くらいたったときに
「残念な話だけど、うちのクラスの数学を教えていてくれたO先生が
亡くなりました。
お通夜へ行きたい奴は今日学校終わってから行って下さい」
と、担任の先生が言いました。
みんなしーーーん!となって誰も何も言わずに珍しく静かな朝礼でした。




それから夕方ものすごい生徒の行列に並びました。
行くまではショックなくらいだったけど、順番が近づいてきてドキドキしてきました。
すれ違う生徒はみんな大泣きしていました。

2人づつだといわれて友達と2人で先生の前へ行きました。

20070320185905.jpg




そっと中を見ると、鼻に綿が入った先生がいました。
それを見た瞬間、大粒の涙がぼろぼろ出てきました。



20070320185917.jpg



今まで大嫌いだった数学に、やる気を出させてくれた先生・・・。
みんなで夜に電話したら一緒に教科書を電話口へ持ってきて、丁寧に30分とか教えてくれた優しい先生の笑ってる顔がずっと浮かんでました。



先生とお別れなのに何も言えずただ、ぐしゅぐしゅ泣いていました。
沢山並んでいて早くどかなきゃいけなくて・・・。
すると横へ座っていた先生の奥さんが
「あなた・・・。
あなたのために生徒さんがこんなに泣いてくれてるわよ・・・。
嬉しいわねぇ・・・」
って、先生に言ってました。
私は「先生のおかげで数学が好きになったのにぃ・・・」ておお泣きしながら言ったら、奥さんが
「あ・・・よく電話くれた子かしら・・・?」
といいました。なので「はぁい~うぅぅ~~」って鼻水たらしながら言いました。



もう何もしゃべれなくてただお辞儀だけして先生の前から立ちました。
先生の顔見るの最後だと思って、振り返ってしつこく見ました。


とても死んでいるようには見えませんでした。



泣く生徒の行列が駅までだらだら続いていました。
夕方で余計せつなく感じて・・・。



朝突然言われてハンカチを持っていなかった私は、鼻水が垂れ流しでビヨーーンと制服まで伸びていました。
友達に

20070320193614.jpg



と、聞くと「汚い!」と怒り、泣きながらもティッシュをくれました。

それからというもの、私はまた数学をやる気がなくし数学は苦手になっていきました。
だって他の先生には三角もないんですもの~(怒)


長くなってすいません~
今日は大事な大事な日でした~



よかったらお願いします~。


2007年03月20日 泣けた話 トラックバック(0) コメント(27)

けんちゃん

最近ニュースをよく見ます。
細野○史さんはとても近いため、カメラマンや報道人が沢山来ているのを、会社のみんなも見ています・・・。
政治家が不倫?してても、あまり気になりません~。




そしてもう一つはいじめられて、遺書を残して自殺してしまった小学生の子のニュースです。





とってもかわいそうで心が痛みました。




長いので暇なときにでも読んでください。




私が小学生の時もクラスでいじめられている男の子がいました。
髪と目が少し茶色くて、家が貧しい子でした。
女の子はそのこの事を「けんちゃん」て呼んでました。
474730450.jpg



けんちゃんの机はいつも汚い扱いされてました。
掃除で机を動かすのにもみんな汚がって触らないので、掃除が終ってもけんちゃんの机だけいつも、端っこの変なとこに置きっぱなしでした。
だから、教室へ帰ってくると自分で運んで元の場所へ運んでました。



いつもいつもかわいそうだと思っていたけど何もできませんでした。
1053753199.jpg




私が教室掃除の時は触るとみんなにひやかされるので
私も小心者でみんなの前ではさわりませんでした。
でもいじめられてかわいそうなのはずっと思っていたから、机を頑張って2ついっぺんに押してけんちゃんの机と、違う机を一緒に押して触らないで運んだりしてました。




いじめはけっこうひどくなってきて蹴られたりたたかれたり文房具をゴミ箱に捨てられたりしてました。
筆箱も机にあればポーンと、遠くに投げられてばらばらになり、それを拾っていました。





だんだん女の子は「かわいそう」と言い出しました。
もちろん男の子も相手にしない子はいました。
いじめる子はだいたい同じ子ばっかりだったから。



先生は薄々気づいてたかな??



そんな時クラスでドッチボールをやったときに、けんちゃんがボールをとって投げたとき、みんなが「うわ~!」といってボールをよけたりして触らないようにしました。
そういうのを見て先生が気づきました。




学級会で話し合ったりもしました。


でも全然変わることはありませんでした。
みんなは「いつも同じ服着ててきたない」といってました。

1635223404.jpg




冬の体育の日、私は風邪をひいて体育を休むことになりました。
そしたらけんちゃんも風邪をひいて休みました。
先生が「外で見学は寒いから教室にいなさい」というので、教室からみんなが体育しているのを見てました。



けんちゃんと2人きりで私は色々聞きたかったけど言葉が出てきませんでした。
でも・・・なんか余計な事いったのは覚えてます。


「けんちゃんどうしていつも同じ服着てるの??
だからいじめられちゃうんだよ。」


と。



けんちゃんはちょっと笑ってマスクを片方はずして
「だってあんまり服がないんだもん。
家が貧乏なんだもん。」

といいました。


私は返す言葉がなくなり無言になってしまいました。



そしてけんちゃんが椅子からたって歩いてたら私と話したときにはずしてくれたマスクが落ちたんです。
私は拾って黙って渡したらけんちゃんはちょっとびっくりした感じで
「ありがとう」といってマスクを受け取りました。
普段は誰も触らないからかな・・・。って思いました。




それから1ヶ月くらいたったときでしょうか??




先生が
「今日はみんなにお知らせがあります。
○○けんちゃんが引っ越すことになりました。」

と、いいました。


みんないじめが原因だってわかっていたと思います。
2452895287.jpg





私はとってもショックでした。
だって本当は全然嫌いじゃなかったし、汚いとも思ってなかったんです。
黙ってそれを見てたのは一緒にいじめてたのと一緒だったのかな、って思いました。
先生はみんなにけんちゃんへの謝りの手紙を書かせました。
みんなさすがにショックを受けて、真剣に書いてました。


いじめてた子も
「ごめんなさい。
転校しても元気でね。また遊びにこいよ」
とか、書いてました。



けんちゃんはみんなから手紙をもらってよその学校へ転校していきました。
先生もとっても悲しんでいました。




それからみんなは変わり何回かクラスのみんなで色紙など手紙を書いて先生が送ったりしていました。



そしたら半年くらいたったときに、けんちゃんがお母さんと学校へ遊びにきました。
みんなすごい喜んでけんちゃんはみんなに囲まれてとっても人気者でした。
ドッチボールしたり写真とったりしました。
そして「また遊びに来てね!」ってみんなでいいました。

私も「元気?覚えてる?またあそぼ。」
とか話しました。






転校しちゃう前にこうなれたらよかったな・・・って。

けんちゃんは転校先ではうまくやってるのかな・・・とか心配でした。

2644074755.jpg





長くなっちゃいました。
読んでくれてありがとうございます。
なんかあのニュース見るとけんちゃんを思い出したので書きました。
653131574.jpg





私にとって学校は楽しかったけど、いじめられてた人にとっての学校はどんななのでしょうかね??


ちなみに私の小学校のときのテストです・・・。
見にくいけどこんな感じです・・・と貼っただけです。
20061006213403.jpg


・・・。
200610062134064.jpg



汚い字・・・
200610062134062.jpg


お~なかなか
20061006213406.jpg




ポチ?


2006年10月06日 泣けた話 トラックバック(0) コメント(25)

傘を・・・

今日はまた実家に寄ってきました。
おじいちゃんも元気そうでよかったです。


雨の日の話なんですけど・・・
小学校の時、雨が降ると必ずおじいちゃんが学校まで傘を持ってきました。私が友達と帰っていると、いつもおじいちゃんが来て恥ずかしくてしょうがなかったんです。
だからおじいちゃんに帰ってからいつも「傘はもう持ってこなくていいからね!」って何度もいいました。

でも次の雨のときもまた帰っているとおじいちゃんが傘をもって歩いてくるのが見えて、隠れたりもしました。
何度いっても来るので「雨の日用に傘を学校においておくよ~」
と、おじいちゃんにいいました。
でも心配して傘を持ってくるので本当に嫌でした。

そんなとき学校で他校の優秀な作文や詩がのる本が配られてそれをなんとなくパラパラ読んでいたら私と同じ悩みを書いた男の子の作文がありました。

「罰金」というタイトルだったような・・・
略して書きます。

僕のおじいちゃんは雨の日になると必ず傘を持ってくる。
友達にも「おい!おじいちゃん来てるぞ~」とひやかされてすごく恥ずかしかった。
「もう来ないでいいよ!」と、おじいちゃんに言ったけど何回言っても来ていました。
僕は「いい加減にしてよ!次来たら罰金500円だからね!」と、おじいちゃんにいいました。
次の雨の日、おじいちゃんは来ませんでした。
僕は罰金だと言ったから来なかったと思い家に帰りました。
玄関を開けるとおじいちゃんが倒れていてお母さんが救急車を呼んでいました。ぼくは「おじいちゃん!」と、かけよるとおじいちゃんは500円を握っていました。
おじいちゃんはその日死んでしまいました。
おじいちゃんごめんね。罰金なんていらなかったんだ。




というかなり省略したものですけどこれを読んですごく泣けました。
それ以来私はおじいちゃんが傘を持ってきても「ありがとう」といって一緒に帰るようにしました。
この子の作文にとても心を打たれました。
小学生の時ってちょっとしたことが恥ずかしかったりして・・・。
年寄りって心配性なんですかね。



あ~くらい話になっちゃいました。
夜中に書くとこういう話しか浮かばない><



でもでもおじいちゃん大好きです
せっかくお風呂でも死に掛けて助かったんだから長生きしてね。





2006年08月19日 泣けた話 トラックバック(0) コメント(21)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。